本・映画・グッズ

北の桜守

:03/10/2018

久しぶりに映画館へ。

北の桜守

最近スマホに変えた母から、
「吉永小百合の映画行かへん?」
とラインで誘われたので。

大好きなんだって^ ^

すごく美しくて重みがあって
あちこちからすすり泣きが聞こえる
感動的な映画でした。

演出がすごく変わってて、
トラウマによる記憶障害(?)の主人公の脳内が
演劇風な描写でカットインするの。
心理の勉強中の私としては、それがすごく
興味深かった。

そして、吉永小百合さんの
眼を見張るばかりの美しさ!

-本・映画・グッズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

永遠の0

最近読んだ本 永遠の0 (講談社文庫) 著者 : 百田尚樹 講談社 発売日 : 2009-07-15 ブクログでレビューを見る» え?今? って言わないで。 確かにちょっと今さらな感じ? うん、評判通 …

他人を見下す若者たち

私は私の人生の主人公だ! そうそう。そのことを思い出すと、 自信が出てくるし、自分を大切に思えるし、人生楽しくなってくる。 心がうつむき加減の時には、このことを思い出すようにするといいと思う。 そして …

はじめの一歩を踏み出そう

起業関連の本って、とにかくたっくさん出てる。 そのなかで、私にとって特に勉強になったのがこの1冊。 はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術 著者 : マイケル・E.ガーバー 世界文化社 発売 …

おばあちゃんの教え

図書館でなんとなく借りてきた本。 こういう本って、好きだわ~。 おばあちゃんが、自分の暮らし方について紹介してくれてるの。 佐橋慶女さんの 生き方美人は料理好き 著者 : 佐橋慶女 海竜社 発売日 : …

カイジ

月曜日はカウンセリングDAY。 午前中は相談室。 午後から夜は電話カウンセリング。 その隙間、2時間あるランチタイムに、 漫画がたくさん置いてある喫茶店で、 「カイジシリーズ」を読みふけるのが、最近の …