「優柔不断」になる理由

04/18/2006

友達と電話でしゃべってて、
「私優柔不断だから。。。」という台詞を聞いたときに
クルクルッと考えたこと。
AかBかを選ぶとき。
自分にとって重要なことほど迷わずすっぱりと決める。
迷わない。
自分にとってはどうでもいいことで、
でも他人にも関係するような事柄に対しては、
なかなか決められない。
自分の中に「こうしたい!」というこだわりがない時には、
他人の心を尊重したいような気がして、
そんなときはいっそ他人に決めてもらいたい。そのほうが楽。
自分ひとりのことなら、その日の気分にまかせて気ままに決めるんだけど。
今日の友達はAかBかという大きな選択を
あっさりと決めていて、潔いほど。
だけどAを選んだ事実にめんどくさく付随する、
本人にとってはどうでもいいことについて、
他人を思いやる気持ちとか遠慮とかから迷いが出てた。
そういうのってあるある。
そういうのほど決められない。
今までは優柔不断は弱さだと思ってたけど、
今、突き詰めて考えていくとやっぱり優柔不断はやさしさだ。
そして事柄に対するこだわりのなさだ。
漢字のまんま、優しく柔らかな心だ。
あっちこっちに、やたらにこだわりがないって事。
そんな人も、その人のこだわりどころでは迷わない。
とっても自然に決断してる。
そういえば、普段「どっちでもいいよ。どうしたい?合わすよ」
なんてばかり言ってる優しい人が、パパッとサクッと、
迷わず決める場面を見て、なぜだかものすごくうれしかった経験がある。
今でも覚えてる晴れ晴れとしたうれしさだった。
あれは、貴重ないい場面だった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CATEGORIES & TAGS

つれづれ,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018/12/05

公認心理師

2018/09/04

大津志賀花火大会

2018/07/02

スイスのねこ

2018/06/29

Albanifest in Winterthur

2018/06/28

St.Gallen